元銀行員だからこそ思うこと

銀行 銀行取引 銀行について思うことがたくさんあります。


私はいま、会社を起こして、経営者としても銀行と接します。


また、ある会社の株主としても、取引銀行に接するときがあります。


もちろん、経営コンサルタントとして、支援先のことでも。


いろいろな立場で、いろんな話をしてきていますが、銀行については思うことがたくさんあります。



また、中小企業診断士の同窓生には、全国の銀行や信用金庫、政府系公庫の方がたくさんいます。

北海道から沖縄までいます。


ときどき、機会があれば、情報交換もします。



過去の経験、いまの実践、情報交換で思うことがたくさん。



ひとつカンタンに言えることは、

私が銀行員をやっていたときに比べれば、いまの金融機関は厳しいということ。


何が厳しいのかといえば、一言では表せません。多岐に渡ります。



融資を受ける側である企業は、厳しい金融環境の中にいることに間違いはありません。



「どうしてこうなったのだろうはてなマーク」って思います。



金融環境の厳しさを経営者は嘆いていても仕方ありません。

なんとかして、交渉をして、難局を乗り越えていかなければなりません。


しかし、企業経営者、社長、経理担当者などに与えられる情報はあまりにも少ない。

マニュアルが無いとも言える銀行取引。



相手が何を考えているのか、これが分からなければ、どう対処していいのか分からない。


こんな状況では、企業は良い条件で融資を受けることも、ままならないのでははてなマーク


「昔ながらのお願い」みたいな感じで交渉しても、今の金融機関にはいつまでも通用しませんガックリ


益々そういう風になっていってます。

もしかしたら、東日本大震災が厳しさを加速させるかも知れません。



それは、東日本大震災によって、全国の金融機関が少なからずとも影響を被っているし、国債と同レベルの高格付けであった「東京電力株」で多大な損失も被っていから。

そして、これから、二次的、三次的被災、被害が表に出てくるから。


国や政府は、きれいごとで中小企業支援策を打ち出しています。

本気で取り組んでいるのは、被災地の地元金融機関と日本政策金融公庫だけのように感じます。


損失を被った金融機関は、損失を回復させるため、何らかの手を打ってきます。

それが、貸し渋りや回収につながらなければいいのですが。


何となく、いい気がしないのは、私の考えすぎなのか。



そんな思うことがたくさんあって、「銀行取引バイブル」というのを書いています。

いまは、東日本大震災もあって、またこれからの厳しい現実も予測して、大幅値引きにしています。



銀行「銀行取引バイブル」ダウンロード版の購入はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 




ご訪問ありがとうございます!!

北谷 政典(きたたにまさのり)です。

東京都世田谷区の二子玉川からお届けしています。 (ただいま諸事情で、最高級家具「家具の宝石」キットファニチュアは受注を停止しています。 他社メーカーさんの家具のご注文は承っておりますよ。)

当ブログでは自社のみならず、お客様にとって役に立つインテリア・家具の情報やサイトもご紹介しています。

何か少しでも、お役に立てれば嬉しいです!!
どうぞヨロシクお願いします!!


併行して、元銀行員の融資・経営コンサルタント,中小企業診断士としても活動しています。

家具・インテリアサイトのご紹介

高級家具やその情報をお探しの方へ。

当ブログの情報がお役に立てばいいのですが、そうとは限らないですよね。
そこで、いくつかのサイトをご紹介しています。
いろんな家具やインテリアグッズがあります。

お探しの情報やモノや逸品が見つかればイイですね。 素敵な家具やインテリアグッズは生活も人生も豊かにしてくれますからね。

各社を一覧表示していますので、ぜひ参考にしてください。こちらをクリックしていただければ、一覧ページに移ります。

食器や雑貨などのインテリアショップもありますよ。