インテリアコーディネーターに取材が・・・

つい先日のことですが、お付き合いのある出版社様からインテリアコーディネーターである明日香さんに取材がありました。

取材は二子玉川のショップで行われました。

私はいらっしゃった社長様とご挨拶だけをして、取材がどう進められたのか、どういう内容になるのかは、聞かないことにしました。

というのも、どのようなものができあがるのかが、とても楽しみなので、知らないほうがいいだろうと思ったまでです。

 

ところで、インテリアコーディネーターってどういう役目なのかご存知ですか? (答えはこちら)

普段なかなかインテリアコーディネーターに依頼するということは無いのではないでしょうか?

 

インテリア、家具、調度品に少なからずこだわりがあって、自分らしい空間を作りたい・・・

なんて思うなら、そして、これが大事なんですが・・・

「失敗したくない! 一度で満足いく結果を得たい! 無駄な出費はしたくない!」

と思うなら、インテリアコーディネーターに相談すべきです。

 

家を新築する際、一級建築士さんと打ち合わせをしていく中で、インテリアについても建築士さんがアドバイスされることも多いかと思います。

しかし、ここに落とし穴があるようにも思えます。

 

というのも、一級建築士さんは「建物設計・デザインのプロ」であって、インテリアに関しては知識は持っていても、プロの免許を持っていないことが多いからです。

 

インテリアコーディネーターは「インテリアに関わるプロ」です。 免許を持っているのです。

ヨーロッパでは、インテリアに関して日本のインテリアコーディネーターに相当する資格取得者の地位が高く認められ、評価されています。

日本では、インテリアコーディネーターの地位が低く、その存在すら知らない人もたくさんいます。

 

日本人は気質のせいか風習のせいか、知的サービスに対して正当な金額を払う素地がまだまだありません。インテリアコーディネートサービスに対するフィーを高いと思われる人があまりにも多いようにも思います。

実際、家一戸まるごとのインテリアコーディネートをしても、場合によっては10万円そこそこにしかならない仕事で受けているケースもよく聞きます。(これは異常です!)

 

知的サービスでありますが、実際にはかなりの情報量から取捨選択をし、あちこち走り廻り、かなりの時間を費やすような、ただ机に座ってできるような仕事ではありません。

私が思うには、どんな小さな案件でもフィーとしては、10万円では安すぎます。

これではインテリアコーディネーターそのものの存続すら難しくしてしまいます。

プロに頼んでおいて、「お小遣い」程度の謝礼しか払いたくないような方は、はじめから依頼するべきではないのでは?

考えてみてください。

インテリアコーディネーターは免許・資格を持ったプロフェッショナルです。

 

そんなこんなで、私はインテリアコーディネーターの地位向上に向けた応援をできる限りしていきたいと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 




ご訪問ありがとうございます!!

北谷 政典(きたたにまさのり)です。

東京都世田谷区の二子玉川からお届けしています。 (ただいま諸事情で、最高級家具「家具の宝石」キットファニチュアは受注を停止しています。 他社メーカーさんの家具のご注文は承っておりますよ。)

当ブログでは自社のみならず、お客様にとって役に立つインテリア・家具の情報やサイトもご紹介しています。

何か少しでも、お役に立てれば嬉しいです!!
どうぞヨロシクお願いします!!


併行して、元銀行員の融資・経営コンサルタント,中小企業診断士としても活動しています。

家具・インテリアサイトのご紹介

高級家具やその情報をお探しの方へ。

当ブログの情報がお役に立てばいいのですが、そうとは限らないですよね。
そこで、いくつかのサイトをご紹介しています。
いろんな家具やインテリアグッズがあります。

お探しの情報やモノや逸品が見つかればイイですね。 素敵な家具やインテリアグッズは生活も人生も豊かにしてくれますからね。

各社を一覧表示していますので、ぜひ参考にしてください。こちらをクリックしていただければ、一覧ページに移ります。

食器や雑貨などのインテリアショップもありますよ。