高級家具で節税対策?!

以前に触れたことがあるように、家具が収益を生んだり、節税にも働いたりすることがあります。

前のブログはこちら

 

※ ここで書いているのは、法人ならではの話です。個人で家具を購入する場合には当てはまりませんので、ご注意ください。 ※

 

家具とりわけ「木製家具」は、国税庁の耐用年数一覧からすれば、概ね5~8年となっていて、この期間で減価償却していきます。

 

5年償却は「接客用」に使われている場合です。

「接客用」とは法人の応接室、待合室、カウンター、ロビーなどお客様も使う空間を指していると思われます。 贅沢に思われる迎賓館もこの接客用に相当します。

8年償却は「その他」に使われている場合です。

「その他」とは「接客用」以外を指すのでしょう。

主に、社内・役員・社員などが主に使う空間ですが、従業員社宅・役員社宅の家具も備品とすれば、経費算入することが可能でしょう。 役職員の福利厚生施設にもなりうる別荘もこれに当てはまります。

 

最近であれば、都心の超高級マンションを法人で購入し、それを役員社宅としたり、迎賓館としたりするケースが多くあると思われます。

その際、超高級マンションのインテリアに相応しい高級家具を購入することになりますが、その家具を法人の備品として備品台帳にきちんと記載し、減価償却資産として、経費算入し、節税するというのが賢い経理処理でしょう。 オーダー家具でも経理処理は同じです。

役員社宅とした場合、気になる家賃負担ですが、これらの備品(家具)は含める必要はないはずです。(税理士と相談してください。) また、役職員の福利厚生施設で別荘とした場合も同じ。 これらの場合は、8年償却が適用されます。

迎賓館とした場合は、役員社宅とは違い、「接客用」なので、5年償却が適用されます。

 

なお、ここで気を付けておいて欲しいことがあります。

私は冒頭でも家具とりわけ「木製家具」と書いています。

何を言っているかというと、「主として金属製のもの」という言葉が国税庁のほうで記載されているということです。 

 この点は要注意です。 耐用年数が15年といっきに長くなってしまうことが起こります。

そうするとどうなるか? 「節税対策にはならない」と思います。

 

高級家具で「主として金属製のもの」はどういうものか?

私が判断するには、「デザイナーズ・ブランド」のものです。

フレームがステンレスやアルミで出来ているものです。

種類にも拠りますが、ル・コルビジェやハーマン○ラー、オ○ムラ、コ○ヨなどのものが結構多くあります。これらを木製なのかというと厳しいのでは?(税理士の判断が必要でしょう。)

 

カッシ○ナ、アルフ○ックス、ドレ○セルあたりは、木製家具ですから、安心です。

ちなみに、私たちの「家具の宝石」キットファニチュアは木製家具です。ご安心ください。

 

それと、高級家具を買う場合、設備資金で借入をしておくことも、とても大切なことです。

購入代金支払は企業の資金繰りに少なからず影響します。

借入をせずとも賄えるのが一番ですが、支払金利も節税対策のひとつとしても考えられるので、資金繰りのため設備借入も合わせて行うのがいいと思います。

 

現状残念ながら、個人の方にとっては、家具を買う上の節税対策は無いと思います。 個人事業主で青色申告している場合は当てはまりますが、白色申告ではダメです。

資金負担から考えれば、よい方法は銀行から借入したり、クレジットローンを組むのもいいかもしれません。 ただし、支払金利や支払手数料は控除対象にはならないはずです。

 

こう考えれば、個人で高額品を買うというのは、得にならないのでしょうか?

この点について、詳しい方がいらっしゃれば、教えてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 




ご訪問ありがとうございます!!

北谷 政典(きたたにまさのり)です。

東京都世田谷区の二子玉川からお届けしています。 (ただいま諸事情で、最高級家具「家具の宝石」キットファニチュアは受注を停止しています。 他社メーカーさんの家具のご注文は承っておりますよ。)

当ブログでは自社のみならず、お客様にとって役に立つインテリア・家具の情報やサイトもご紹介しています。

何か少しでも、お役に立てれば嬉しいです!!
どうぞヨロシクお願いします!!


併行して、元銀行員の融資・経営コンサルタント,中小企業診断士としても活動しています。

家具・インテリアサイトのご紹介

高級家具やその情報をお探しの方へ。

当ブログの情報がお役に立てばいいのですが、そうとは限らないですよね。
そこで、いくつかのサイトをご紹介しています。
いろんな家具やインテリアグッズがあります。

お探しの情報やモノや逸品が見つかればイイですね。 素敵な家具やインテリアグッズは生活も人生も豊かにしてくれますからね。

各社を一覧表示していますので、ぜひ参考にしてください。こちらをクリックしていただければ、一覧ページに移ります。

食器や雑貨などのインテリアショップもありますよ。