イスがガタガタするとき、すべらないとき

ご使用になられているイスに不具合があるときのお話。
(ご自分で出来ることを想定しています。)

 

1) ガタガタするとき

前後左右の脚の長さが狂っていることがあります。

とはいえ、実際に脚の長さが狂っているというよりは、何らかの緩みや調整具合の悪さが考えられます。

そこで、お使いのイスを一度ひっくり返して、よく観察していただければ、解決策が簡単に見つかると思われます。

 

アジャスター(高さ調整)付きのイスの場合は、アジャスターの調整をすることでガタツキが軽減されたり、解消されます。

また、イスの脚を座面と止め付けているネジが緩んでいる場合にも、ガタツクことがありますので、脚の根本を止め付けているネジを締め直します。

 

2) すべりが悪いとき

恐らくは脚の端(床面との触れる部分)に取り付けている「滑り材」とか「クッション材」がヘタっているか擦り減っていることがあります。

また、クッション材などにゴミが付着しているときも、すべりが悪くなります。

お掃除することで、すべりが良くなることも多いですが、ヘタっていたり、擦り減っていたりする場合は、新品に取り換えることをおすすめします。

「すべりをよくする」材質のものはホームセンターで手に入れることができます。

また、それらの多くは両面テープで張り付けるもの(はめ込むものもあります)で、使用するうちに擦り減り、すべりが悪くなってきますので、数か月か1年程度の時期をみて交換する必要があります。

 

木材の脚にネジ込む「プラパート」は硬いプラスチック製のもので、掃除をすることで比較的長い期間使うことができます。

ただ、これも少しずつ擦り減っていきますので、数年後には交換する必要があります。

 

どちらを選ぶかは「好み」とも言えます。

また、プラパートはホームセンターではあまり見かけませんが、ネット通販で手に入れることは可能です。大きさは数種類ありますので、「プラパート」で検索してみてください。

(プラパート17mm)
  (カグスベール)


カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




Message For You

いらっしゃいませ。
ご訪問ありがとうございます。

私たちは、お客様の問題解決のために、社内に限らず社外も含めた専門家チームで、解決策、サービス、商品等をオーダーメイドでご提供させていただきます。

(インテリアコーディネート,高級家具,経営コンサルティングの各事業は「デザインする」,「オーダーメイドする」という考え方や姿勢で相互に結び付いています。)
 
インテリアコーディネート ルーチェ

家具・インテリア検索

コンサルティング

家具・インテリアのオンラインショップをご紹介

お越しいただきありがとうございます。
当サイトが役立てば嬉しいのですが、お客様のご要望と違うことも多いのが現実です。

もしも、家具・インテリアの商品をお探しの場合は、次のようなページも覗いてみてはいかがでしょう。


当サイトはSSLセキュリティ対応で安全です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP