家具の寸法は・・・

家具の寸法はどうやって測るのでしょうか。

また、どう呼ぶのでしょうか。

 

家具の購入時にカタログなどをご覧になったことはありますでしょうか?

また、ウェブサイトで商品詳細をご覧になったことはありますでしょうか?

 

家具の寸法というのは、家具の大きさを表示しています。

「縦・横・高さ」とは表記していないことが多いでしょう。

 

「W: D: H: 」のように書かれていませんでしょうか。

また「幅: 奥行き: 高さ: 」のように書かれていませんでしょうか。

幅:(W:) 奥行き:(D:) 高さ:(H:) にそれぞれが対応しています。 

 

「幅」というのは「Wide」ですので、人が家具の正面に立ったときの「横幅を表示」しています。

「奥行き」というのは「Depth」ですので、人が家具の正面に立ったときの「手前から向こう(壁側)への深さを表示」します。

「高さ」というのは「Height」ですので、人が家具の正面に立ったときの「床から上端までの高さを表示」します。

 

「幅、奥行き、高さ」がどこに当たるのかをご理解いただけていれば、家具屋やインテリアコーディネーターとの話はスムーズです。

結構、「幅と奥行き」の違いが分からないことが多いので、「話が噛み合わない」ということが起こります。

これは仕方ないことですが、お互いの話をスムーズに進めるためにも、知っておいて欲しいことです。

 

それと、ソファーや椅子の場合ですが、「シートハイ」つまり「座面高」が表記されています。

「SH: 」と表記されていることも多いです。

これはSheet Heightですので、「床から座面までの高さ」を表示します。

 

椅子やソファーを購入する際には、背の高い方と背の低い方でこのSHを違えたほうが良いです。

背の高い方はSHが大きいものを、背の低い方はSHが小さいものを。

ただ、ダイニングテーブルとダイニングチェアをセットで購入する際には、十分検討する必要もあります。

SHの小さいものを選んでしまうと、テーブルで食事をする際に、テーブルが高くなりすぎる場合もありますから。

ダイニングの場合は、どちらかと言えば、SHを揃えるほうが良いので、SHが大きいものになるでしょうか。

 

このSHに関しては好みの問題もありますので、インテリアコーディネーターや家具屋さんに相談するのがベターです。

 

ここまで読んでいただければ、大体察しは付くと思いますが、家具の寸法の測り方は分かりますか?

まあ、メジャーがあれば、それで測るわけですが、基本的に「端から端」までを測るだけです。

幅であれば、左右のどちらかを起点にして、片方の端のメモリを読む。

奥行きであれば、手前か奥を起点にして、片方の端のメモリを読む。

高さであれば、床から測るか、天井側から測る。

 

それと、家具ではミリ単位で表示することがほとんどです。

W:900  D:450  H:900 (mm)のように。

これ、単位は「㎜」です。

cm表示であれば、例であれば「W:90 D:45 H:90 (cm)」となります。

家具屋やインテリアコーディネーターは「mm単位」で呼んだり、表記することが多いです。

それは、基本的に「1mm単位」で家具やインテリアを計算したり、設計したり、製作しているからです。

 

ということで、家具の寸法を「㎜単位」で「幅いくら、奥行きいくら、高さいくら」なんてのがスラスラ言えると、それはそれでスマートで、格好いいものですね。

 


カテゴリ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加




Message For You

いらっしゃいませ。
ご訪問ありがとうございます。

私たちは、お客様の問題解決のために、社内に限らず社外も含めた専門家チームで、解決策、サービス、商品等をオーダーメイドでご提供させていただきます。

(インテリアコーディネート,高級家具,経営コンサルティングの各事業は「デザインする」,「オーダーメイドする」という考え方や姿勢で相互に結び付いています。)
 
インテリアコーディネート ルーチェ

家具・インテリア検索

コンサルティング

家具・インテリアのオンラインショップをご紹介

お越しいただきありがとうございます。
当サイトが役立てば嬉しいのですが、お客様のご要望と違うことも多いのが現実です。

もしも、家具・インテリアの商品をお探しの場合は、次のようなページも覗いてみてはいかがでしょう。


当サイトはSSLセキュリティ対応で安全です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


TOP